車椅子太極拳の会

「車椅子太極拳と音楽そして
中国茶をみんなで楽しみましょうの会」

02/11/9,場所:京都府八幡市立生涯学習センターにて

「座って出来る太極拳と中国茶のひととき」
03/5/17,場所:サロン・あべの
(育徳コミュニティーセンター2階研修室)にて

「車椅子太極拳の会」中学校で講演

03/6/20,場所:八幡市立男山第三中学校にて

台湾から座式太極気功の老師を招く

04/3/18,場所:八幡市上津屋・四季彩館にて

「車椅子太極拳の会」中学校で講演

04/6/18,場所:八幡 市立男山東中学校にて

 

2004年3月19日
京都新聞28面に記事が掲載されました。←Clickで拡大できます
記事の内容は京都新聞3月19日号より転載させていただきました。

2003年8月6日
KBS京都ラジオ、「村上裕子のラジオかまい隊」に、車椅子太極拳の会より代表として
今西美奈子さんが電話出演し、会ができたいきさつや、これまでの活動の話しをしました。
***************


2003年6月16日
京都新聞に掲載されました。

記事は京都新聞6月16日号より引用させていただきました。

「車椅子太極拳の会」が生まれて4年になります。現在メンバーは10名です。
私事で恐縮ですが、私は生後6ヶ月で脊髄性小児麻痺に罹り、 後遺症として上肢に軽い麻痺、下肢に重い麻痺がのこりました。 スポーツとは無縁と思っていましたが、40代の後半に障害者の 為の水泳教室で泳ぎを覚え、15年前の札幌国体の年には、 続いて同地で開催される「全国障害者スポーツ大会」に背泳で 出場したりもしていました。
しかし加齢による障害の悪化で、それもきつくなり、でも何か運動を、と思っていた時に幸運にも 山田先生との出会いがあって、車椅子に座ったままでも出来る太極拳を考えていただきました。緩やかな動きは時に振り回す動きよりもきついことがありますが、 指先にまで気持ちを込め、動かぬ足の爪先にも心を送って、前へ出す、後ろへ引く、とイメージしていると、曲がった体にも 一本芯が通る感じで、爽やかに動ける気がします。
おおらかに、生きる事を楽しむためにも続けたいと思っています。

京都府八幡市  今西美奈子


「広報やわた」(平成15年6月号)
で紹介されました。

 

 
リビング京都に掲載されました。
記事は「リビング京都(平成14年12月17日号)」から
引用させていただきました。

ホームへ戻る上へ